海外・旅

【旅行者必須】世界を旅する時に使える!海外の独特なテーブルマナーを覚えよう。

食事、テーブルマナー
Pocket

とらのすけ
とらのすけ
こんにちは、とらのすけです。

皆さん、海外に行くときはその国の言葉や風習、しきたりや物価、電車の路線など色々な知識を入れいきますよね?

文化や習慣が全く違うので戸惑う場合が多々あります。食も同様で料理やテーブルマナーといった所が全然違います。

特に海外に行った場合は食事のテーブルマナーは抑えていたほうがいいです。知識があるととてもスマートに見え、人に不快な気持にさせないです。

現地の人が不快にならないように、その文化のテーブルマナーの知識を少しでも身につけていれば、快適に食事をすることができるでしょう。

今回は、『世界のテーブルマナー』をシェアしていきたいと思います。

国が違えば文化も違う、テーブルマナーはその文化を知る方法のひとつ

食事、テーブルマナー

日本で暮らしている限り食事の作法は、気にせず普通に行なうことができます。それが違う国となると訳が違ってきます。

アジアでも同一ではなく、色々な国があればその数の文化が存在する、その文化に入ることになれば、その習慣を学ばなければなりません。

 

テーブルマナーもその一つです。

 

色々な国のテーブルマナーを学べば、海外に行ったときには困ることはないでしょう。

アジアでは人を侮辱する行為とか、目上の人を敬う行為を、テーブルマナーからわかる。

アジア、テーブルマナー

 

日本

日本の食事は箸が主体で、うどんやそば、ラーメンの麺類は音を立てて食べるのは当たり前です。しかし、海外の人達から見たらとても不快に感じる行為です。

 

最近では、「ヌーハラ」という言葉も出てきていて、海外の人達からは音を立てて食事をすることは「動物が食事をする行為と一緒」とされています。

 

国内では良いのですが、海外に言った時は流石にNGですね。完全に嫌な顔をされます笑。

 

日本

・食器を手で持って食べる → 行儀が悪いから

・汁物は少しだけ音を立てる → 作った人に感謝の形

・白米の茶碗に箸をささない → 縁起がわるい

・食べ物を残さない → 作った人に失礼だから

・「いただきます」「ごちそうさま」を言う → 命を頂いているから

 

中国

同じアジアの中国は箸の文化であり、食事中に箸で人を指してはNG、麺類を食べている時に麺を切ってはいけない、調理された魚を裏返さないと中国ならではのテーブルマナーがあります。

 

基本的に中国文化の昔からの迷信が、食の文化にも影響受けていますね。

 

中国

・箸で人をささない → 人を見下すという意味

・食事を少し残す → 作った人に感謝の形

・麺類は切ってはいけない → 長寿を意味し、長生きできなくなる

・魚を裏返さない → 船がひっくり返る、不吉なことが起こる

 

韓国

どこの国よりも縦社会が厳しい韓国。年齢を気にする韓国人。年上を敬う習慣があり、どんなに親しい間柄でも上下の関係は徹底しています。

 

年上の方と一緒にいたりすると行動も変わってくるので、食事のマナーも人を立てる習慣が根付いていますね。

 

韓国

・年長者が食べるまで、食事を口にしてはいけない → 失礼にあたる

・年長者からお皿やグラスを片手で受け取らない → 失礼にあたる

・目上の人の前でなにか飲む時は、口を覆い横を向かなければならない → 侮辱にあたる

 

儒教の精神で、長寿を敬う習慣があるからですね。

 

【東南アジア】タイ、インド、インドネシア

もちろん東南アジアでも、特殊なテーブルマナーがあります。

 

タイ

・フォークで口に食べ物を入れてはいけない → スプーンの補助として使うため

 

インドネシア

・常に両手をテーブルの上に置いてなければならない → 食事の基本姿勢

 

インド

・食べ物は必ず右手でたべる → ヒンドゥー教では左手は不浄の手とされているため(左手は『ジューター穢れ』とされている)

 

欧州は食文化に特化してるため、細かいルールが多い

ヨーロッパ、テーブルマナー

 

フランス

「一番テーブルマナーがうるさい国」と思っている人が多いと思います。
やはりフランスですが、意外と縛られたルールは少ないかと感じます。

 

フランス

・ガツガツ食べることは失礼に当たる → 上品な文化なので下品に当たる

・飲食店で食べ残しの容器は提供されない → 基本的に食べ残しはNGなので

・会計で割り勘はしてはいけない → 野蛮な行為とされています

・食事中に両手を膝にの上に置いてはならない → 作法はテーブルの上に置くこと

 

イタリア

独自の文化のルールが強いですね。

 

イタリア

・最初の食べ物を進められた時は必ず丁寧に断り、2度目に受け入れる → 相手を尊重したり、気配りのため

・夜にはカプチーノ飲みません → 夜に注文すると変な顔をされます

・チーズをもっとかけてと頼んではいけない → チーズの増量は罪深い行為とされている

 

ドイツ

シンプルライフ、心地よい習慣に重点をおくドイツ。前回のドイツの記事でも紹介していましたがゆっくりと時間を使うのが上手い文化なので、堅苦しいルールはあまり存在しません。

 

ドイツ

・食事の時に手で使っていいのは、パンだけ → パン以外は、すべてフォークかナイフ

・ポテトをナイフで切らない → ポテトは潰すこと

・飲食店では席は自分で選ぶ → 誰も案内してくれない

・飲食店の水は無料でない → 日本が特殊

 

スペイン・ハンガリー・グルジア

スペイン

・食べ終わってすぐに席を離れない → 「ソブレメサ(sobremesa)」と呼ばれる食後にゆっくりとする習慣があるため

 

ハンガリー

・ビールの乾杯はNG → 1848年のハンガリー革命の時にオーストラリア軍がビールで乾杯し勝利を祝っていたため

 

グルジア 

・ワインをちびちび飲んではいけない → グルジア伝統な宴会「スプラ(supra)」では一気に飲み干すのがマナーとされている

 

 

アフリカの手食にも作法がある!?

アフリカ、テーブルマナー

手食が支流で基本的に箸をつかう習慣がないため、最も異国を感じる地域です。特に日本との食文化の違いが垣間見え、その手食でも国や地域によって作法は存在します。

 

手食文化圏はアフリカ、東南アジア、中近東、オセアニアなど世界の4割は手食です。

 

手食は不衛生に思われるかもしれませんが、食事の前はしっかりと手を洗うというのが習慣なので心配ありません。

 

ナイジェリア

・子供に卵を食べさせない → 泥棒に育つ

 

ジャマイカ

・言葉が話せない赤ん坊の時に、鶏肉を与えてはいけない → 二度と話せなくなる

 

タンザニア

・食事に20分遅れて来なくてはならない → ありえないですが、タンザニアでは早く来すぎると招いた相手を侮辱することになります

 

その他では、北アフリカでは一本指や二本指で食べるのは、憎しみや傲慢を象徴する行為とされています

 

南米は国ごとにまったくテーブルマナーが真逆

 

ここまでくると、国によって独自のテーブルマナーが強くて面白いですね。

 

チリ

・ピザでも手を使って食べてはいけない → 食べ物に直接手で触れてはいけない

・食事をゆっくりと食べてはいけない → ご飯が好きじゃないと判断される

 

メキシコ

・タコスでもナイフ、フォークを使ってはならない → メキシコ人からすると『かっこつけてる感』があって滑稽だから

スポンサーリンク




テーブルマナーの発祥はどこ!?美食の国から伝わった理由。

世界、テーブルマナー

テーブルマナーの歴史は、今から500年ほど前にイタリアの名家のカトリーヌさんがフランスの王家に嫁ぎいだ時、同行していったシェフがフランスの食事作法に感銘を受けて、世界最初のテーブルマナーの指南書を書いた所から広がっていきました。

 

テーブルマナーはイギリス、ヨーロッパの国々に伝わりました。

 

マナーの歴史は、何世紀も時を経て育ってきたもの、フランス人にとってマナーと料理は切っても切れない関係です。

 

そこから世界に広がったのですね。

まとめ

テーブルマナーは食事と無縁な関係です。そして、相手への気遣いや大人のたしなみなど必要な事です。

堅苦しくてテーブルマナーを難しく考える必要はないと思います。

しかし、人に不快な感情を与えなく、皆が楽しく、ストレスのない環境で食事ができるように少しでも取り入れたら、食事がもっとステキになります。

 

海外に行くときは積極的に実践してみたら、もっと食事が楽しくなるでしょう!

 

海外、屋台、シンガポール
【シンガポール】世界中の旅行者が、ローカルフード求めて集まる訳は!?【海外の屋台#2】 商業都市シンガポールは、色々なジャンルが入り混じった料理が食べれることが魅力。 街中が緑に囲まれて、東南アジアの中でも...

 

スポンサーリンク