海外・旅

【シンガポール】世界中の旅行者が、ローカルフード求めて集まる訳は!?【海外の屋台#2】

海外、屋台、シンガポール
Pocket

 

とらのすけ
とらのすけ
こんにちは、とらのすけです。

今回も引き続き「世界の屋台」の魅力について解説していきたいと思います。

世界中から旅行者がローカルフードを求めて、屋台街を徘徊する理由は!?

食に心を奪われるわけは!?

急激に成長を遂げた食文化の国、「シンガポール」をピックアップしてシェアしていきたいと思います。

 

商業都市シンガポールは、色々なジャンルが入り混じった料理が食べれることが魅力。

世界、旅、旅行、屋台、シンガポール

街中が緑に囲まれて、東南アジアの中でも清潔で近代的な商業都市。急激に成長した国であって、シンガポール自体の食の文化はまだ浅いのですが、多文化、多民族性なので食のジャンルは豊富です。

 

ライフスタイルは男女関係なしに仕事に熱中する文化であり、家庭で自炊することが少なく得た収入で外食する人が多いので、国民にとって「屋台」とは生活に必要なライフラインです。

 

多民族国家であるためシンガポールでは世界中のグルメが集まっていて、多彩な食事が実現できる場所でもあるのです。

 

中華、インド料理、マレー料理などジャンルを越えたオリジナリティの食習慣がここにはあった。

世界、旅、屋台、シンガポール

シンガポールは歴史が浅く、国家を構成する民族のうち70%以上が中国発祥の「華人」が存在します。それ以外でもマレー系、インド系と多国籍な国なので色々な食文化が入り混じっていて宗教の影響もあり国民食が確立していません。

 

シンガポールの特徴

多民族性、多文化、食の多様化。

 

その多民族性のシンガポールは、狭い国土の中では民族ごとのコミュニティが存在して、お互いの文化や習慣を尊重して生活をしています。料理の幅も多様化してて、色々なジャンルが存在します。

 

食のジャンルの多様化

中華料理

・四川料理
・上海料理
・広東料理
・北京料理

マレー料理

・マレー料理
・ニョニャ料理

インド料理

・北インド料理
・南インド料理

一つの国でこれだけのジャンルに特化した料理があるのは珍しいといえます。あまり馴染みのないマレー料理もシンガポールでは重要な役割を果たしています。

 

マレー料理

・米を主としていて、ココナッツミルクやにんにくをたくさん使うのが特徴

 

他にも、イスラム教徒の人たちがいるため、牛のように禁忌される食材があるということもシンガポールの食には関係が深いです。

 

 

街にいたるところにある「ホーカーズ」の存在。

家庭で自炊することが少ないシンガポール人の食習慣には「ホーカーズ(Hawkers)」と呼ばれる屋台街が存在します。

 

そして、屋台街「ホーカーズ」は無形文化遺産に登録申請しているくらいなので、国にとってはとても大切な場所です。

 

ホーカーズとは

・「ホーカーズ」は食べ物を売る屋台の集合体。

・屋台街でもあるし、現代ではフードコートにも近い場所。

・多数のローカルフードが食べられる場所。

・屋台のように安価で提供。

 

昔は路上で営業していたのですが、衛生面からの指摘で特定の場所や施設を作りホーカーセンターとして現代の形に変わりました。

スポンサーリンク




シンガポールの生活スタイルである屋台事情を深掘りする。

世界、屋台、海外、旅、シンガポール

色々なジャンルのローカルフードが楽しめ、国民の台所でもあり、多くの現地人や観光客がが賑わっているのがシンガポールの特徴です。

屋台の相場とおすすめの「ホーカーズ」は!?

 

「ホーカーズ」の大体の相場とおすすめの屋台街スポットを紹介します。

 

相場と人気スポット

✔屋台の相場

1品1単価
約3~6SGD 約180円~500円

✔「ホーカーズ」

ニュートン・フード・センター 
→ ホーカーにしては高めで海鮮料理が多い。

 

マックスウェル・フード・センター 
→ 中国系住民が多く、中華が多い、天々海南鶏飯が有名。

 

ラオ・パ・サ・フェスティバル・マーケット 
→ シンガポール最大のホーカーズ、綺麗で広く、主にサテの屋台が有名。

 

東南アジアの中でも値段は比較的高く、ホーカーでは中華系、マレー系、インド系と場所によってジャンルの違ったりします。

 

ホーカーの中でも美味しい店を選ぶコツはAかBのステッカーを張ってる場所を選びましょう。ホーカー自体、ABCDの4ランクで格付けされているので、店のランクをチェックして選ぶ方法がおすすめです。

 

旅行者に人気の厳選!屋台料理

世界、旅、海外、屋台、ホーカー

旅行者は絶対に楽しめる厳選した屋台料理です!

 

ハイナン・チキンライス
→ジューシーに茹でた鶏とその出汁で炊いたご飯に添えたシンガポールの名物料理。

 

ラクサ
→ココナッツベースに魚介系のダシと辛いスープの米粉を使った麺料理。シンガポールはラクサが発祥の地。

 

チリクラブ
→甘辛のチリソースがかかった丸ごとの蟹の人気料理。

 

バクテー(肉骨茶)
→元々マレーシアから来た料理で、シナモン、スターアニスなどの数種類のスパイスを使って煮込んだ豚のスペアリブの料理。複雑なスパイスが香り、食欲が進みます。

 

サテ
→シンガポール版焼き鳥。甘辛いピーナッツソースをつけて食べる。牛肉、豚肉、羊肉などの種類がある。

 

フライド・ホッケンミー(福建炒蝦麺)
→太めの卵麺とビーフンを海鮮ダシで炒めた塩焼きそば。具にはぷりぷりの海老やイカが入っていて、お好みでライムやサンバルソースで食べる。

 

カヤトースト
→ココナッツミルクと卵、砂糖、パンダンリーフ(香草)を煮詰めて作ったカヤジャムをバターと一緒にトーストに挟んだもの。昔から食べられているローカルフード。

 

 

 

まとめ

シンガポールの人々にとっての食の心臓である「ホーカーズ」は食の楽しむ場でもあり、国民の社交場的な役割もあります。

 

その食の環境が日頃のモチベーションとなり、旅の疲れを癒やしてくれます。

 

食から、屋台から学ぶことは人生にとって豊かになり、人間にとっては必要な大切な場所ではないかと思います!

 

いまある「食」を見つめ直して、よりよい環境を皆さん作っていきましょう。

 

世界、屋台
【ベトナム】旅をする唯一の醍醐味は、その国の美味しい屋台から始まる【海外の屋台】 ベトナムの人にとっては屋台は国民食であり、毎日の顔。食からその国の文化を学ぶことができる。 「屋台の発祥は!?」と疑問になりま...

 

スポンサーリンク