疑惑

【画像】広瀬香美『目が変』なのは整形?デビューから現在の顔を比較

Pocket

 

今も現役でステージに立ち、衰えをみせない美声を披露している広瀬香美さん。

最近バラエティ番組でも拝見するようになりましたが、昔の広瀬香美さんの印象と何か違う感じがします。

ネットの上では『整形した?』の声が多く見られますね。

本当に整形したのでしょうか?確かに目や唇が不自然に感じますが、どうなのでしょうか?

整形肯定派の僕としては全然問題はないと思いますが…。

この記事に書いてある内容

・広瀬香美『目が変』なのは整形?

・デビューから現在を画像比較しました。

・写真でわかる顔の変化を紹介。

・整形疑惑は離婚がきっかけ?

以上となっています、どうぞ最後までお読みください!

【画像】広瀬香美『目が変』なのは整形?デビューから現在の顔を比較

いま現在も国民に愛され続けている曲『ロマンスの神様』。広瀬香美さんの代表曲で幅広い世代に歌われる名曲でもあります。

そして今も現役で衰えない歌声は、多くの人を魅了。

そんな広瀬香美さんの現在の顔の様子が、デビュー当時と全く違うようですね。

こちらが2020現在の広瀬さん。

あれ?やはり雰囲気が変わりましたね。今のお歳は54歳(2020年6月現在)だそうです。

皆さんが知っている広瀬香美さんは、左側のような姿でしたよね?

印象がまるっきり違うので久々に見たら驚きでしたが、今の時代は整形している芸能人やアーティストはそこまで珍しくないので、やはり美貌の為に整形したのでしょうか。

デビュー当時から現在までを見ていってみましょう。

【1992年~】『デビュー』の20代

広瀬香美さんは今から28年前、1992年にアルバム『Bingo!』でデビュー。

同年12月には1枚目のシングル『愛があれば大丈夫』をリリース後、翌年にはあの大ヒットシングル『ロマンスの神様』でブレイクしました。

オリコンで170万枚のセールスとなったビックヒットで、この当時の広瀬さんの印象が強い方も多いはずです。

1994年のシングル「幸せをつかみたい」

やはりデビュー当時の顔の印象と比べてみても、歴然とした違いがあります。

そして29歳の時に発表した『ゲレンデがとけるほど恋したい』も今も語り継がれる名曲となりました。

昔はナチュラルさが好感を持ち、幅広い層からも絶大な人気でしたね。

スポンサーリンク




【1996年~】『冬の女王』の30代

30代になった広瀬香美さんは、1997年11月『promise』を発売。

そしてウィンターソングの名曲を次々と発表、「冬の女王」としてミュージックシーンに新たな風を送ることに。

ピアニシモ
ストロボ
I Wish
More More Love Winters』など

他にも多数の名曲を生み出し、冬のイメージが強い広瀬さんでしたがロサンゼルスに住んでいたこともあり、夏の曲も意外と多かったことも話題でしたね。

ビジュアルもボーイッシュな雰囲気でメイクも薄めの印象で、この当時は整形をしてる感じは一切ありません。

1999年には俳優・大沢たかおさんと結婚しましたが、2006年に離婚とプライベートはなかなか落ち着かなかったです。

【2006年~】『整形疑惑』の40代

大沢たかおさんと離婚した2006年は「今まで夫婦として過ごしてきた感謝の気持ち」が描かれている『Gift+』を発表。

そして2008年10月、ロサンゼルス在住の1歳上の米国人男性と再婚したあたりから、広瀬香美さんが激変していきます。

2008年の『Making My Life Better』

2012年の『And.Love.Again.』

そして、2015年頃の広瀬香美さんはこのような姿に。

大沢たかおさんとの離婚、再婚を経ての40代が激変しているのが確認できます。

もう一度、昔の広瀬さんと40代の頃を比較してみると、

簡単にできる整形でも「目頭切開」「ボトックス」「プロテーゼ」「ヒアルロン酸注入」など、色々してると思います。

スポンサーリンク




【2016年~】『変貌した』の50代

そして、50代になった現在の広瀬香美さんはこちら。

すっかりと変貌を遂げています。

自身のYouTubeチャンネルを開設したりと、現在も勢力的に活動していますね。

再度、もう一度確認してよろしいでしょうか?

最終確認です。

どうでしょう?

やはり進化していますね。

世界はもちろん、日本の医学も最先端なので「美」を取り入れることは普通になってきているようです。

美しくなることはいい事ですね。

広瀬香美の『整形疑惑』についての声は?

まとめ

《【画像】広瀬香美『目が変』なのは整形?デビューから現在の顔を比較》の記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。