MENU
疑惑

【比較画像】長谷川京子『唇おばけ』いつから?若い頃と顔変化を調査

 

女優の長谷川京子さんは整形でもしたのでしょうか?若い頃との顔の変化が話題になっています。

唇がパンパンに腫れて、ネット上では『唇おばけ』と呼ばれる事態に…。

いつごろから顔が急激に変わったのか、徹底的に調査していきますね。

この記事を読んでわかること

・【比較画像】長谷川京子『唇おばけ』いつから?

・若い頃と顔の変化を徹底調査

・デビューから現在までの顔画像を紹介

・長谷川京子の顔変化についてネットの反応は?

以上と内容で記事を進めていきます、どうぞ最後までお読みください。

【比較画像】長谷川京子『唇おばけ』いつから?若い頃と顔変化を調査

長谷川京子さんがメディアに出るたびに「顔が変わった」「唇が不自然」と話題になっています。

40代に突入したので少し容姿の劣化はあると思いますが、どれだけ変化があったのでしょうか?話題になるほどとは、相当ですよ。

Twitterにあった声

ネット界隈では『唇おばけ』と心ない言葉が囁かれていますが、そうとう見た目が変化したらしいですね…。

そして、現在の長谷川京子さんはこちらです。

えっ?なんか雰囲気変わりましたね…。想像していたハセキョーとは別人に見えますが、なんか違います。

年齢を重ねたこともあるのでしょうか?まったく、印象がガラリと違ってみえますね。

他の画像も

やはり、もう一枚の画像を確認してみても…。唇や鼻など、全てのパーツが不自然に思いむます。

『唇おばけ』と話題なのがなんとなく理解できますし、ここまで変わってしまったのはやはり整形ですかね?

年齢を感じさせないために「美を追求する」には整形は一般的ですが、もともと端正な顔立ちだったので整形する必要はなかったと思いますが。

そして『唇おばけ』と変貌したのは、いつからなのでしょうか?若い頃の画像を比較しながら時系列で調査していきます。

スポンサーリンク




1996年:「デビュー当時」

長谷川京子さんは、1978年7月22日生まれの41歳(2020年5月現在)です。

1996年の高校3年生の時に「CanCam」の専属モデルとして、オーデションに合格してから芸能界デビュー。

10代の頃のハセキョー、かわいらしいです。

そして、1997年にはモデル活動をスタート。「CanCam」「mc Sister」「セブンティーン」などのティーンズ雑誌の人気モデルとして活躍していました。可愛さは絶大でしたね。

ファッションモデル時代は人気ぶりが社会現象ともなり「ハセキョー」の愛称で親しまれ、2000年には「らぶ・ちゃっと」で女優デビューなど着実に知名度を獲得しています。

人気モデル時代の貴重な画像

この当時の長谷川京子さんの人気はうなぎ登りで、モデル以外にもテレビや格闘ビジュアルクイーンになったりと活躍の幅を広げていましたね

2003年:「僕だけのマドンナ」

CanCamを卒業後は連続ドラマに初主演し、女優として活動を始めた長谷川京子さん。

「え?この可愛い子は誰?」と釘付けになった作品で、爆発的な人気にもなりました。

人気ドラマ「僕だけのマドンナ」から

ジャニーズの滝沢秀明さんと共演で話題になり、ドラマは大ヒット。

ハセキョーの色っぽいながらキュートな眼差しが、世間で男性ファンを増殖させましたね。

スポンサーリンク




2005年:「ドラゴン桜」

CM出演の露出量が1位となり「CM女王」と呼ばれ、さらに人気の勢いは止まらずでした。

そして、こちらも大ヒットになった人気ドラマ「ドラゴン桜」に出演。

先生役として出演

長谷川京子さんは当時は26歳。美貌はモデル時代から変わらずキープしています。

この後も数々のドラマ・映画作品に出演することになります。

2008年:「SCANDAL」

こちらもドラマ「SCANDAL」に出演した長谷川京子さん。30代手前になったことで、さらに色気がグッと増しています。

特に整形をしている様子は、確認できません。

この時の29歳に、ロックバンド・ポルノグラフィティのギタリスト新藤晴一さんと結婚するなど、幸せな家庭を手に入れた時期でもあります。

2013年:「サザエさん」

2013年には演技の幅を広げるために新たなジャンルに挑戦。ドラマ「長谷川町子物語〜サザエさんが生まれた日〜」に出演します。

「長谷川町子物語〜サザエさんが生まれた日〜」

30代になった長谷川さんですがまだ現役のキュートな笑顔が輝かしいです。

まだまだ、この時点では『唇おばけ』には程遠いと感じます。

2015年:「マザー・ゲーム」

2015年のドラマ「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」の長谷川京子さん。いい感じに年を重ねていますね、美魔女の領域に達しています。

「マザー・ゲーム」から

芸歴もベテランの域に達してきたので、母親役がバッチリと決まっていて安定の演技でした。

やはり、この時点でも整形の面影がありません。

特に変化が見られませんが、『唇おばけ』は僕たちの見間違いなのでしょうか?

スポンサーリンク




2016年:「後妻業の女」

2016年公開の映画「後妻業の女」の舞台あいさつの風景なのですが…、あれ?なんか顔が変化した雰囲気があります。

今までの長谷川京子さんとは、なにか違った感じがしますが…気のせいですか?

なんか少し『唇おばけ』感が、徐々に出始めている様子が感じとれます。

若い頃、以前とは顔の印象が違う風に見えますね。

やはり、口元が気になる……。

もともと顔も整っていて超美人なのですが、なんかナチュラル感が欠けている感じがします…。2016年ころがターニングポイントなのでしょうか?ヒアルロン酸か?

2018年:「ラストチャンス 」

2015~2016年にかけて顔の変化が著しいので、再度確認のために2018年の容姿を確認してみましょう。

違いの変化に気づきます。

こちらは2018年のハセキョー

あら?やっぱり変だ……。印象が全く違いますね。

比較してみましょう、ビフォーアフターです。

やはり全体的に印象が違います。歳を取ったのものもありますが「画像比較」してみても違うのが歴然です。

僕個人的には、昔のハセキョーさんの素朴なイメージが強かったので、なんか違和感を感てもしまいます…。

やはり、整形をしたのかもしれませんね。

2019年:「ダウンタウンなう」

2019年11月に放送された「ダウンタウンなう」では、その変貌ぶりにネットがざわつきました。

久々のバラエティ番組に出演した長谷川京子

やはり唇には「ヒアルロン酸」を注入している可能性が高いですね。以前と「唇の厚さ」がまったく違います。

目や鼻にも、お金をかけている様子です…。

繰り返しですが、再度確認です。

若い頃の「唇の厚さ」と比較しても歴然ですね。

20代と40代では肌艶は相当変わりますのでメンテナンスは必要なので、現在のハセキョーさんは十分にお綺麗ですが、以前のナチュラル感が少し欠けてしまった印象です。

スポンサーリンク




長谷川京子『唇おばけ』についてネットの声は?

まとめ

「【比較画像】長谷川京子『唇おばけ』いつから?若い頃と顔変化を調査」の記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。