スポーツ・アスリート

福岡堅樹はラグビー引退後は医学部!?祖父と父も医者で実家は超エリート!

福岡堅樹
Pocket

 

ラグビーワールドカップ2019は、日本中で大盛り上がりを見せていますね!

日本の快進撃でアイルランドに歴史的勝利など、目が離せない試合ばかりです。

今回は、日本代表の中でもトライを量産している『福岡堅樹』さんを注目していきたいと思います!

なんと福岡選手は、ラグビー引退後は医学部に進学すると言われています。

早速、調査していきます!

以上となっています、どうぞ最後まで楽しくお読みください!!

福岡堅樹はラグビー引退後は医学部!?

福岡堅樹選手が、『医学部を目指している』という噂がありますね。

日本代表の中でも中心的な選手で特別な存在ですが、本当に医師を目指しているのでしょうか!?

彼は将来、ラグビー選手の引退後、医学部を受験し医師を目指すという

引用元:事業構想

確かに福岡選手は『医師』を目指していますね!

現在は、日本代表としてハードなトレーニングを積み重ねながら活躍している中で、医師となるための勉強も並行して準備していると言われています。

ラグビー界でトップを目指しながら、医学部進学の勉強をしているなんて信じられません!!

ラグビーの日本代表として活躍しているだけでも、凄いことなのに……………。

夢のためには、努力を惜しまない人なんでしょうね!

福岡堅樹医師になるために猛勉強中の福岡選手

医師になるために猛勉強しているので、日本代表の中でも『頭の良さ』はトップレベルと言われています。

チーム(日本代表)の戦術理解のペーパーテストがあったんですけど、もちろん一位でした。

テスト慣れしていたので。

さすがですね笑!勉強のほうも得意らしいです!

厳しい練習の後も、医学部に入るため日々勉強に取り組んでいると言われています。

そもそも、なぜ医者になろうと思ったのか!?深堀りしていきます!!

高校時代の怪我が医者を目指したきっかけ!?

まず一つに、福岡選手が『医師』を目指すきっかけになったのは、高校時代の自身の大きな怪我があったからと言われています。

福岡選手は『スピードスター』と呼ばれてるくらい、足の速さが武器で、高校時代から足の速さは他の選手に比べて群を抜いていました。

その、スピードを求めるために足に負担がかかり、大きな怪我に繋がりました。

福岡選手高校時代に大きな怪我に悩まされた当時。

高校2年→左ひざ前十字靭帯 断裂

高校3年→右ひざ前十字靭帯 断裂

福岡選手は高校生の時に、左右のひざを大怪我しました。

その時の担当医師に助けられた経験が、医師への興味が大きくなってきたと言われています。

前十字靭帯は一度切ってしまうとスピードが落ちたり感覚が戻ってこないと聞いていたのですが、その先生は『リハビリをすれば、前と同じようにスピードが戻るから』と心から安心できる説明と治療をしてくれました。

きちんとリハビリを受ければ、必ず元の舞台に立てるのだと信じさせてくれる言葉と治療をいただきました。先生はとても尊敬できる方です

引用元:事業構想

この経験が、ラグビー選手&医師の夢を追いかけるきっかけになったのですね!

自分のひざを怪我した時の担当医が、すごく前向きにさせてくれた。

自分がもし医師になった時に、同じ状況で来た人の気持ちを本当に分かってあげられる、だからこそ力になれる。

その時に医師にささえられた経験が、夢を追うきっかけになった。

しかし福岡選手は、高校卒業後の将来について葛藤があったらしいです。

福岡選手は、今後の人生の選択肢は3つあり

①もう一年浪人し、ラグビーから離れて勉強に集中すること

②レベルを下げてラグビー部のない筑波大以外の国立大医学部に進むこと

③筑波大学の別の学部に進み、ラグビーを続けながら未来の自分に医師になる夢を託すこと

選んだ答えは③でしたね。

『ラグビー選手として活躍』&『医師になる』を両方を選びました!

そして、大学は医学部ではなく筑波大学情報学群に入学。

福岡選手はこのように語っていました。

高校の同期の人達が、大学ラグビーで活躍しているのを見て、怪我で挑戦できずに、もっと上に行けたのかなという思いが残ったので。

どの道を選ぶのが一番後悔しないのか?

高校時代の怪我で一度はラグビー選手の道を諦め、医師になるための道を選びましたが、ラグビーの情熱がまだ心に残っていたのでもう一度チャレンジする決意になったのですね。

医学部の道は、一度他の道を志してからでも、もう一度チャレンジすることができる

まずは、ラグビー選手としてトップを目指してから、その後に医師になるためにチャレンジするのですね!!

アスリートから医師になる方は異例だと思います!努力を惜しまない姿勢がカッコイイです!

スポンサーリンク




福岡堅樹の祖父と父も医者で実家は超エリート!

2つ目に、医師を目指すきっかけになったのは『祖父』と『父』の影響も大きいと言っていました。

ラグビー選手、福岡堅樹にはある夢があった。開業医の祖父の影響で、幼いころから医師になりたいと考えていた。

引用元:事業構想

祖父と父の背中を見てきた福岡選手は『医師』としての興味が、幼少期から根付いていたんでしょう。

福岡堅樹祖父の正弘さんと父の網二郎さん

祖父・正弘→内科医

父・網二郎→歯科医師

福岡選手の家系は、医師が多い超エリートですね!!家族影響は大きかったと思います。

2人に対する人間的な憧れが最初にあって、そこから大きな決断に至ったのは自分の怪我ですね。

『家族の存在』と『自分の怪我』が医師になるために、大きなきっかけになったんですね!

それも、ラグビー引退後に医師を目指す。

両親も「どうしてもなりたいならサポートしてあげる」と優しい言葉をかけてくれたので、自分は思い切ってラグビーに集中しようと思った。

両親の献身的なサポートもあり、福岡選手はラグビーに集中できる環境があるのですね。

福岡堅樹の『夢』はラグビー選手と医者になること?2つの夢を叶える?

福岡選手は2つの夢『ラグビー選手』と『医師』になるために努力を続けてきました。

そして、このように語っていました。

ラグビーがなければ、医者だけだったら自分の夢とは言えない。逆にラグビーだけで完結してしまったら、それも自分の夢とは言えない。

医師もだから、夢。

両方やり切ることが自分の夢

どちらかが欠けても、『夢』ではなく。

どちらも手にして本当の『夢』となると、熱く語っていた福岡選手。

この情熱がお互いに両立でき、目指す原動力となっていると思います!!

アスリートから医者になる事に対しては、

その意味では僕がパイオニアになれるのかなと思っています。選手経験を治療に活かしたい。まだまだ先の話で構想段階ではあるのですが、将来夢を叶えるためにがんばりたいですね

引用元:事業構想

そうですね!!スポーツ選手から医師になるケースは、ほぼ居ないです。

だからこそ、患者さんの心に寄り添える存在の医師になるんですね!

スポンサーリンク




福岡堅樹は実はピアノも上手!?子供の頃は賞も獲っていた?

『ラグビー選手で医師を目指している』変わった経歴をお持ちの福岡選手。

以外にも、ピアノも得意と言われています!

福岡堅樹ピアノも得意な福岡堅樹さん
僕の原点はピアノです

え!!??本当に弾けるんですね笑!!色々イメージが変わり混乱します!!

幼少時代から、ラグビーの練習と共にピアノのレッスンを受けていました。

3歳から習っているピアノなので、かなりの腕前を持っています!子供頃コンクールで最優秀賞を受賞した経歴がありますね。

そして、福岡選手は『ラグビー』と『ピアノ』の以外な関係について語っていました。

ラグビーを始めた当初は、体も小さく体の弱い少年だった福岡選手。

つかまれると止められる事が続いて、悔しい思いをしていた。

そのためにはどうするかと言うところで、触れせずに抜く

その時に活きたのが、『ステップのリズム』

ピアノの華麗な旋律が、福岡選手のスピード、スッテプの原点だと言われています。

自分の中でリズムを作る時、最後によく弾いていた曲はベートーベンの曲とかが流れてくるときがあります。

試合中に福岡選手の頭の中でベートーベンの曲が流れたら、攻撃リズムになるらしいです!面白いですね~。

福岡選手の原点は、体に染み付いたピアノのリズムでしたね!

福岡堅樹は2020年には引退!?東京五輪がアスリートとして最後?

福岡選手の引退はいつになるのでしょうか!?医師を目指しているので期限が近づいていますね。

ラグビーの今後のスケジュールとしては、

2019年9月 ワールドカップ日本大会(現在開催中)

2020年7月 東京オリンピック

福岡堅樹さんは、2020年の東京オリンピックで引退すると言われています。

自分は東京五輪でアスリートを引退しようと思っているので、2020年でトップレベルでのプレーは引退します。

2020年の福岡選手は28歳の年なので、アスリートしては一番良いピークの時期です。

人生で一番全盛期の時に『引退』と、かなりの覚悟がありますね。

2020年から医学部に入る予定で、ラグビー選手としての福岡堅樹さんはこの1年くらいで幕を閉じます!

寂しいと思いますが、最後までラグビー選手としての福岡選手を応援していきましょう!!

まとめ

福岡堅樹さんはラグビーを引退後は医学部に進学します!!

まだラグビーワールドカップ、東京五輪もあるので応援し続けましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク