事件

カリタス小学校のスクールバス停が犯行ルート!川崎殺傷事件の場所と地図は?

カリタス小学校 スクールバス
Pocket

 

とらのすけ
とらのすけ
 
こんにちは、雑記ネコのとらのすけです。
 
 
2019年5月28日、午前7時40分ごろ、川崎市登戸で無差別通り魔殺人事件が発生しました。
 
 
容疑者の名前は岩崎隆一51歳。
 
 
大人子供合わせて19名が被害に遭いました。
 
 
カリタス小学校のスクールバス停留所が犯行現場で、犯人の犯行ルートとなりました。
 
 
岩崎容疑者の犯行ルートは?
 
犯行したスクールバス停留所の場所は?
 
川崎殺傷事件の場所と地図は?
 
 
しっかり深く追求していきます。
 
 

 

川崎市登戸殺傷事件

2019年5月28日、午前7時40分ごろ、川崎市登戸で無差別殺傷事件があり大人子供19名が被害者、そのうちの栗原華子さん(11)、小山智史さん(39)が亡くなりました。

 

川崎殺傷事件が日本中を悲しみで包んでいる。突如として2019年5月28日(火曜日)午前7時40分頃に発生したこの事件は、現時点で3人が死亡確認されており、うち1人は自殺をした殺傷事件の犯人であり、通り魔をした岩崎隆一容疑者(51歳)だ。計19人が通り魔によって刺されている。

岩崎隆一容疑者は神奈川県川崎市の麻生区に住んでいる男性とされており、事件当日、包丁を持ってコンビニ付近で人を刺したのち、カリタス小学校専用スクールバスに駆け寄り、バスに乗ろうとしている(乗っている)小学生たちを次々と刺していった。

引用元:buzz plus news

 
何気ない日常からどん底に撃ち落とした無差別殺傷事件、被害者の家族の深い悲しみは計り知れないはずです。
 
 
容疑者岩崎隆一の犯行動機は何だったのか?事前に準備していた犯行だったのか?
謎が深まるばかりです。
 
 
事件が起きた現場を検証し、岩崎隆一容疑者の犯行ルートを追っていきたいと思います。
 
 
 

カリタス小学校行きスクールバス停が犯行ルート

 

報道ではタス小学校行きのスクールバスの停留所が事件現場と言われています。
 
 

 
岩崎隆一容疑者はスクールバスを確実に狙うために事前にバスの時刻表やバスのルートを把握していた可能性が高いです。
 
 
 

最初の報道の事件場所は登戸第一公園付近といわれていた

 

最初の速報では犯行現場は「登戸第一公園付近」と情報が拡散されていました。
 
 
 
登戸第一公園を上空から
 

登戸第一公園を登戸駅の方面から

 

小田急線登戸駅(🔴)から登戸第一公園()までは約270m、徒歩で約4分程度ですね。

 

登戸

実際の犯行現場はカリタス小学校のスクールバスの停留所と言われています。

報道の速攻性と現場の混乱により場所の特定が難しく、目立った「登戸第一公園付近」が目印となりました。

 

本当の犯行ルートはカリタス小学校行きのスクールバス停留所

 

事件から数時間がたった頃には、実際の犯行現場は「カリタス小学校のスクールバス停留所」と断定しました。

 

カリタス小学校スクールバス停

登戸第一公園()から約90m、徒歩約1分程度の場所にカリタス小学校のスクールバス停留所()があります。

カリタス小学校のスクールバスが到着して児童達がバスに乗り込む時に狙ったとされています。

 

登戸駅の方面から

 

カリタス学園 バス停留所 中野島駅の方面から

 
カリタス小学校スクールバス停留所

 

川崎殺傷事件の犯行ルートと場所と地図

出典元:YAHOOニュース

 

岩崎隆一容疑者は南武線中野島駅方面、カリタス小学校方面からの犯行ルートでファミリーマートの前からの殺傷事件を開始しました。

犯行ルート

 

最初の犯行現場のファミリーマート 中野島駅の方面から

 

最初の犯行場所のファミリーマートからスクールバス停留所までに大人2名、児童17名が殺傷されました。

 

ファミリーマート

ファミリーマートの前で最初の被害者の成人女性が狙われました。

惜しくも命を落とした小山智史さん(39)が倒れていた場所です。

カリタス小学校のスクールバスが停留していて、並んでいる児童17名が無差別に殺傷されました。カリタス小学校の栗原華子さん(11)が亡くなってしまいました。

計19名が重軽傷をおい、亡くなった方が2名いました。

 

この犯行ルートで殺傷を行った時間が「数十秒」であったと言われています。

 

日本テレビの「スッキリ」で岩崎容疑者の犯行ルートをストップウォッチを使い実践したようしでしたがありえない速さで、全速力で殺傷を行ったと予想されています。

 

阿部リポーターは「その時間、いわゆる岩崎容疑者が自ら刃物を首などに突き立て自殺するまで十数秒であったといいます。それがどのようなものなのか。これから検証したいと思います。タイムウォッチではかります」と岩崎容疑者が犯行に及んでから自殺現場までリポートした。

阿部リポーターは「今ここに来るまで時間をはかってみました。32秒という時間になっています。しかし発表は十数秒です。これがいかに無言でいきなり児童達襲いかかっていったか、よく分かるわけですね」とスタジオのMCの加藤浩次に尋ねた。

引用元:YAHOOニュース

 

犯行は一瞬の出来事で、周りの被害者の方たちも何が起きたのかわからない状況だったと思います。

その一瞬で人の何気ない日常を奪った岩崎容疑者は同じ人間とは考えられません。

 

何も罪のない人を自分の社会の不満か、劣等感など、格差による嫉妬などで人を傷つける行為には怒りしか覚えません。

 

それも事件後に自分で首を切り自殺となんとも言えない結末となりました。

 

スクールバス

岩崎容疑者が自分で首を刺し自殺した場所スクールバスの停留所の約50メートル先の市営バスの停留所の前です。

 

市営バスの停留所

 

実際の現場で倒れていた岩崎容疑者

岩崎容疑者

 

最後に自傷行為に及んだことには「自分で首を切っても死ねないことが多い。それが確実に死んだということは、相当、強い意志があったということ。あらかじめ自殺することも決めていたのだろう。自ら死ぬことも容疑者の計画性に入っていたのだと思う」と心理を推測した。

引用元:YAHOOニュース

 

スポンサーリンク




 

停留所の発着時間に犯行を狙われた?

犯行は事前に計画を練っていたと言われている岩崎容疑者。

カリタス小学校のスクールバスの時間は朝の7時半から8時までの30分間、3台のバスが行来し走ってます。

岩崎容疑者が30分遅れていればこの事件は行われてないはず、しかし偶然ではなく確実に計画的に考えていたでしょう。

 

カリタス小学校のスクールバスの時間

登戸駅を利用する場合は、朝、7時30分から8時までスクールバス3台で、ピストン送迎しています。

帰りは、学年の下校時刻にあわせて出ます。中野島駅に歩く場合は、駅まで集団下校です。教師が引率します。

引用元:カリタス小学校HP

 

岩崎容疑者は事前に下見をされていた可能性が高いです。

 

小川氏は「あと30分遅ければ児童の通学は終わっていた。この“時間”を読んでいたことに意味がある。第三者の誰でもよければ、時間にこだわらないわけで、自分に抵抗しない“弱者”を狙うために、その場所、その時間帯を事前に知っていた可能性が高く、現場の下見をしていたとも考えられる」と指摘した。

引用元:YAHOOニュース

 

岩崎隆一容疑者はどの駅から来た?

自宅から最寄り駅の小田急小田原線よみうりランド前駅。

岩崎容疑者の自宅の最寄り駅は小田急線よみうりランド前で確認されています。

 

岩崎容疑者の自宅から犯行現場まで直線距離で約4キロ。容疑者の自宅から最寄り駅の小田急線・読売ランド駅から3駅となる登戸駅で下車して犯行に及んだ

引用元:YAHOOニュース

 

読売ランド前

岩崎容疑者は自宅の最寄駅読売ランド前から包丁を4本を所持して小田急線で登戸までいきました、日本の社会的に安全な国と言われていますが現実はセキュリティが低い国です。

「リュックに包丁を4本持って乗車」と後から聞いただけでもゾッとします。

日本の交通機関のセキュリティがもっと強化して実行していれば今回の事件が事前に防げたのでは無いかと感じます。

最後に

今回の川崎通り魔事件の当事者の岩崎容疑者は亡くなり、事件の動機などは謎のままです。

被害者に遭われた親族の皆様の怒りはどこにぶつけていいかも解らず、失意のどん底にいると思われます。

今後このような事件がないように願うばかりです。

情報が入り次第追記していきます。

 

 

スポンサーリンク